アロマディフューザーを使いこなそう!自分に合う種類と特徴は?

お部屋の中に良い香りを漂わせたいという気持ちが、テレワークの増加により高まる昨今。心地よい香りに包まれて生活するためにアロマディフューザーを取り入れたいけれど、どんなアイテムが使いやすいのか、自分に合うのか、種類も多く迷ってしまうという方も多いかもしれませんね。そこで今回は、おすすめのアロマディフューザーや特徴をご紹介いたします。ぜひ気になるアイテムを見つけてみてくださいね。

アロマディフューザーとは?

アロマは「香り」、ディフューズは「拡散する・広める」という意味を持ち、室内で空間内にフレグランスオイルの香りを拡散し、楽しむための器具です。種類によって香りの拡散方法や、効果的な使い方に違いがあり、火を使うものや、電気を使うもの、照明を兼ねているものなど、幅広く販売されています。

 

アロマディフューザーの種類と特徴

アロマディフューザーは大きく分けて下記の4つとなります。

  • 超音波式
  • 加熱式
  • 噴霧式
  • その他

お水を使用するのが、①の超音波式。水にフレグランスオイルを垂らすことで、超音波でミスト状にし、蒸気とともに香りを拡散します。火を使用しないため安全ですが、水を使用するため雑菌やカビを防ぐためのこまめなお手入れが必要となります。加湿器を兼ねている製品も多いですね。オイルは水に混ざらないため、香りの濃度は一定ではなく、時間とともに薄くなっていきます。

アロマポットやアロマライトなど、フレグランスオイルを垂らした陶器のポットを、キャンドルや電気で温めることで、香りを拡散させるのが②の加熱式です。やわらかな照明効果を兼ねていたり、比較的安く入手できますが、火を使うという注意点や、器をこまめにきれいに保つ必要があります。また、フレグランスオイルは熱よって香りが劣化しやすいため、加熱用に作られているアロマキャンドルなど以外は、揮発しやすい香りから飛んでしまいます。

水も火も使わず、香りの質を保ったまま、広く拡散できるのが③の噴霧式。フレグランスオイルを本体に直接セットして香りを噴霧するネブライザー式がその代表で、業務用としても使われています。調香師がデザインしたフレグランスの香りバランスを崩すことなく、長時間経っても香りが変化しないのが良い点です。広範囲に長時間香りを拡散できる機器ですが、空気圧でオイルを細かい霧状にて拡散するため、使用中は基本的にポンプとモーターの音がします。そのため、強弱や拡散時間を調整できるアイテムを選ぶと、より使いやすいでしょう。また、水を使用しないため雑菌が繁殖しにくく、汚れにくいため衛生的です。

スティックをボトルに刺してお部屋に置くリードディフューザーは、④のその他にあたります。スティックがフレグランスオイルを吸い上げ、お部屋にほんのりと香りを拡散させます。セラミックなどに香りを垂らして使うアロマストーンも、同じカテゴリと言えるでしょう。音がせず、電気や火を使わない点や、インテリア性が高いものが多いところが利点となりますが、香りの拡散力は比較的弱かったり、使いはじめはよく香るけどだんだん薄くなっていったりと、お部屋の香りの安定性が低く、香りを途中で変えにくいのが難点です。 

 

ベレアラボのアロマディフューザーをご紹介!

ベレアラボより登場した『ナチュラルアロマディフューザー』は、プロ仕様のネブライザー式です。超静音性を実現しているため、ネブライザーのマイナス点である使用中の音も、きっと気にならないでしょう。高機能で静かなため、仕事中や就寝時にもご使用いただけます。

また、自然の美しさからインスパイアされた、オーガニックなデザイン。本体を天然素材による陶器で仕上げ、プラスチックをできるだけ排除しています。上品さとデザイン性を兼ね備えており、どんなインテリアにもマッチしやすいニュートラルな雰囲気です。充電も可能なため、昼間はリビングで使用して、夜は寝室へ持ち運んで使うなど、使い分けてみてはいかがでしょうか。

そして、タイマーがついているため切り忘れにも安心。本体のメンテナンスも不要です。お気に入りの専用フレグランスとノズルを数種類用意しておけば、簡単に香りを切り替えることができます。専用フレグランスは、サステナブルな香料を起用しており、環境にも身体にも優しいものをお選びいただけます。

 

NATURAL AROMA DIFFUSER
特集ページへ

NATURAL AROMA DIFFUSER
商品ページへ

2mlのお試しセット
商品ページへ

ショッピングカート

利用可能なすべての在庫はカートにあります

あなたのカートは現在空です。