香りのサブスクプラン

全17種から選べるプレミアムプランが新登場!

more

美しく、満たされる⾹りと。

⼀滴のフレグランスが
空間に美しい調和をもたらし、
あなたに寄り添うこの⾹りは
そのとき その場所を
このうえないものに変えていく。
ときに⼼地よく ときに刺激的に。

わたしを満たす
ベレアラボの⾹りと。

ナチュラル アロマディフューザー

水を使わず衛生的、香りを変えるのも簡単なネブライザー式。

3秒で“生きた香り”に包まれる新体験を。

MORE

ラバロック ミニ アロマディフューザー

空気清浄機能も備えた送風式ディフューザー。

いつでも どこでも。美しい香りと。

MORE

ルームフレグランススプレー

さっとひと吹きで、空間をより上質に、刺激的に。

MORE

香りのサブスクプラン

フレグランスオイルを2ヵ月毎に2本づつポスト投函でお届け。

MORE

ミニスプレーセット

香りを選ぶ楽しみをご自宅や大切な人に。

MORE

サンプルセット

香りのついたムエット(試香紙)をポスト投函でお届け。

MORE

日々を楽しむための香り4選

嗅覚から時間の質を変える



店舗で体験

【ベータ東京有楽町店/大阪阪急梅田店】
b8ta

【日本橋髙島S.C. 本館2F】
ギャラリー ル シック

MORE

BÉLAIR LAB MAGAZINE

ヴェネチアンガラスアーティスト・土田康彦の創作活動を支えるベレアラボの香り

1300年以上の歴史をもつイタリアを代表する伝統工芸品であり、カラフルな色使いを特徴とする芸術作品がヴェネチアンガラスです。この産地として知られるヴェネチアのムラーノ島にスタジオを構え、作品制作に打ち込む唯一の日本人アーティストがいます。彼の名は土田康彦(つちだ・やすひこ)。“ガラスの詩人”の異名を持ち、自身の哲学やメッセージを鮮やかな色彩や独創的な造形に込めた、唯一無二の作品を生み出し続けているアーティストです。   香りにも造詣が深く、ベレアラボのフレグランスを愛用する土田さんに、自身の創作活動や芸術と香りとの関係性についてお話を伺いました。 ヴェネチアンガラスアーティスト・土田康彦さん 出会いのきっかけは、増上寺のイベント 土田さんがベレアラボと出会ったのは、2022年5月。東京・増上寺で行われた「香道の世界 ー 志野流香道500年の継承」がきっかけでした。土田さんはこのイベントで志野流香道21世家元継承者一枝軒宗苾さんとのコラボレーション作品として香炉を発表。志野流の長い歴史の中で初めてとなるガラス製の香炉を土田さんが手がけたのです。ベレアラボは、イベント内の特別企画として「香りのアート展 in 増上寺」をプロデュース。土田さんもこの展示会に出展していたことから、ベレアラボとの関係が始まりました。 「香りのアート展 in 増上寺」の様子 土田さんの心を最も掴んだベレアラボの香りとは? 「会場にはべレアラボの自然をテーマにした素敵な香りが数多く展示されていました。全体的な印象を一言で言えば、やさしい。そして、センスがあるなと感じました。大量生産的なものではなく、独創性があって、ひとつひとつの個性をとても大切にしているブランドなんだなと思いましたね」   中でも土田さんの心を最も掴んだ香りは「CHILLING LEMON TEA(チリングレモンティー)」。紅茶にスライスしたレモンを入れた瞬間のようにふわりと香るシトラスと、生のジンジャーのフレッシュな刺激が心地よく、リラックスした時間を過ごせるような香りです。 「僕は紅茶が好きで〈チリングレモンティー〉の香りは飲みたくなるくらい自分の好みに合っていたんです。やさしさやイタリア語で言うエレガンテ、つまり品格も感じました」     ドライとセンチメンタルのほどよいバランスが魅力 「僕が好きなものって、ロックバンドでも小説でもドライとセンチメンタルの塩梅が絶妙なんです。ロックミュージックに例えると、パサパサしたドライな感じが強い音楽はあまり好きになれません。かといって、好きなんだけど振り向いてくれないとか、失恋して傷ついた心情をテーマにしたようなセンチメンタルな作品も好きではない。このふたつがほどよいバランスで感じられる作品が好きで〈チリングレモンティー〉にはそれが感じられるんです。心を揺さぶられる香りでありながら、湿っぽくはない。僕にとってちょうど良いさじ加減だと思いますし、世界で一番好きな香りになりました」「CHILLING LEMON TEA(チリングレモンティー)」以外には、柑橘系の「CHEERING BERGAMOT(チアリング ベルガモット)」やホワイトティーとピオニーを組み合わせた「SMILING TEAONY(スマイリング ティオニー)」などが印象に残っているそう。   土田さんによるヴェネチアンガラスの作品   ガラスと香りの意外な共通点...

READ MORE →

最先端医療施設が提供する、最高のホスピタリティとは?
世界のエグゼクティブの心を掴む新たな国際診療拠点 「藤田医科大学東京 先端医療研究センター」

未来を司る最先端の医療施設が、エグゼクティブたちの心を掴む “次世代医療の常識を創る”を目標に、関連大学の研究者と医療機器を提供する企業が集まり、最先端の医療やその周辺機器の研究を行う施設が「藤田医科大学東京 先端医療研究センター」です。   国内外からのアクセス至便な羽田空港の近接地「羽田イノベーションシティ」に位置し、海外からも多くの医療関係者や患者などが訪れます。 健康への投資を惜しまない国内外のエグゼクティブが通うこの施設内には、最先端医療が受診できる自由診療クリニック「藤田医科大学 羽田クリニック」と、精密健診/検診サービスを提供する会員制の「フジタ エグゼクティブクラブ羽田」が併設され、先端医療研究センターで研究開発された医療機器や治療方法が即座に取り入れられることで、疾患の早期発見、早期治療に役立てられています。   和風の設えで心安らぐ施設内 館内は地下1階から地上4階までの5つのフロアで構成され、木材を模したブラウンカラーの壁面や障子を思わせるデザインなど和をイメージした高級感のある内装が特徴です。廊下や健診の待合室は広々とした空間を備え、隅々まで日本らしいホスピタリティを感じます。   空港に隣接していることもあり、施設の窓はすべて防音仕様。館内には静かで落ち着いた空間が広がっています。一般的に医療施設といえば、緊張感のある雰囲気が多い中、心安らぐ上質な設えで訪れた人たちをやさしくもてなしているのです。   中でもこの施設がほかとは違う非日常的で特別な場所であることを印象づけるために、決定的な役割を果たしているのが、空間に漂うベレアラボの香りです。 香りで来院者が笑顔になる 「この施設は日本最先端の医療研究を行っているため、医療関係者が視察に訪れたり、健康への投資を惜しまないお客様が、エビデンスに基づいた精密健診や検診を受診するために国内外からいらっしゃいます。   知識も経験も豊富なエグゼクティブのみなさまが館内に入ってすぐにおっしゃるのが“素敵な香りですね”という言葉。気持ちが和らぐのか、香りを感じた瞬間から自然と笑顔になられるような気がします」   そう話すのは藤田医科大学東京 先端医療研究センター事務部で部長を務める濱野和治(はまの かずはる)さん。館内の環境向上のためにべレアラボの香りを積極的に取り入れた立役者です。   開業当初は1階と2階の2ヶ所だけにアロマディフューザーが設置されていましたが、濱野さんの提案によって、エントランス、エレベーターホールなど1階から3階までの各フロアに1ヶ所ずつ、合計3か所へと拡大されました。   その理由について、「1階と2階だけではもったいないと感じた」と話す濱野さん。いったいどういうことなのでしょうか? 待ち時間を香りで心地よく 「3階にある精密健診センターで、MRIや全身のがんを調べられるPET-CTなど最先端の機器による検診を受けられるのが、この施設の強みでもあります。検診はそれなりに時間のかかるもので、ご自身の健康のためとはいえ、面倒だなとか、早く終わらないかなと感じる方もいらっしゃると思います。  ...

READ MORE →

ガンバ大阪のマスコット「モフレム」の香り「MOFFICÉ(モフィーチェ)」が誕生。青いモフモフした香りに込められた想いとは?

青くてモフモフした愛らしい見た目で人気を集める、ガンバ大阪のオフィシャルマスコットが、2022年5月に登場した「モフレム」です。好奇心旺盛で食いしん坊、人を笑顔にすることが大好きなムードメーカーとして知られ、失敗してもへこたれない強いハートの持ち主。茶目っ気たっぷりでいつも一生懸命な姿がガンバ大阪のファン・サポーターの心をがっちりとつかんでいます。 モフレムを生み出したガンバ大阪は、地元の人たちの熱い想いを受けとめ、寄付金を募ってホームスタジアムを建設したり、アパレルや食品メーカーとコラボするなど、サッカーの枠を超えて、ファン・サポーターの日常に寄り添う取り組みを積極的に行ってきたクラブです。モフレムに関しても、スポーツマスコットの常識を覆し、日本のスポーツ文化に新しい風を吹き込む必要があると考え、ファン・サポーターはもちろん、地域の方や子どもたちなど、多くの方と情緒的なつながりを作ることに挑戦したいとの熱い想いと願いを込めて誕生しました。   モフレムは、その愛らしい見た目(視覚)、ふわふわモフモフとした質感(触覚)、実際に食べられるモフレムグルメ(味覚)、思わず口ずさんでしまうモフレムソング「ジャンピン・バンピン モフレム」(聴覚)のように、これまでさまざまな感覚でファン・サポーターや地域の人たちを楽しませてきました。 ガンバ大阪オフィシャルマスコット「モフレム」   そして今回、モフレムの魅力をさらにパワーアップするために新たに加わったのが、モフレムの香り「MOFFICÉ(モフィーチェ)」です。ガンバ大阪がモフレムを通して挑戦している「ファンや地域を巻き込んだ、ピッチを超えた体験創造」の一役を香りが担えるのでは、と考えて開発に至りました。マスコットに香りという「嗅覚(きゅうかく)」が加わることで、五感のすべてでモフレムを体感できるようになったのです。   モフレムの香り「MOFFICÉ(モフィーチェ)」は、ワークショップやブランド分析を経て、モフレムチームとべレアラボがゼロから作り上げた完全にオリジナルの香りです。「マスコットの香りを作る」という前代未聞のプロジェクトだけに、完成までの道のりは一筋縄ではいきませんでした。   香りの開発にあたっては、ガンバ大阪でモフレムのプロジェクトを担当するスタッフのみなさんに集まってもらい、ワークショップを開催。あらためて、モフレムとはどういう存在なのか、モフレムを通して伝えたいことなど、人々のこころを惹きつけるモフレムの本質を深堀りしていきました。   その中で一番印象的だったのは、「モフレムを通してスタジアムでの楽しい体験を思い出してほしい」、「モフレムに会いたい!と思ってもらいたい」、「泣いている子どもも笑顔になる」、「ハッピーになるような存在であってほしい」といった願いでした。   スタッフの皆さんがモフレムを通じて届けたいのは、「青いふわふわに包まれて一緒に楽しい気分になろう!とにかくみんなでハッピーになろう!」というメッセージであることが明確になり、香りを作るうえで大きな柱になりました。     こうしたモフレムチームの想いや届けたいメッセージをのせ、モフレムを香りで具現化する。そのためにベレアラボの調香師クリストフ・ロダミエルとも議論し、試作と評価を重ねていきました。   最終的に完成したのは、モフレムの愛らしさ、楽しさ、ハッピーにさせてくれるキャラクターや、ふわふわモフモフとした質感を表現した香り。綿あめや色とりどりのドロップキャンディ、ジューシーなフルーツの香りが、お祭りのワクワク感や童心に返るような気持ちを想起させてくれます。   そしてこの香りの背景には、モフレムがガンバ大阪のファン・サポーターも、そうでない人も、地域の人も、みんなを笑顔でつなぎ、ハッピーの連鎖を巻き起こす存在になってほしいという願いが込められているのです。     香りの名前「MOFFICÉ(モフィーチェ)」は、モフレムの“MOF”とふわふわやモフモフを意味するイタリア語“SOFFICÉ(ソフィーチェ)”を合わせて名付けられました。実は、ガンバ大阪の「GAMBA(ガンバ)」はイタリア語で「脚」という意味であることを皆さんは知っていましたか?同様にモフレムの香りもイタリア語を取り入れて命名されました。   そして、5月19日にパナソニック スタジアム 吹田で開催されたモフレムデーで、ついにこの「MOFFICÉ(モフィーチェ)」が初めてお披露目されました。...

READ MORE →

NEWS

雑誌「装苑 7月号(5/28発売)」にて商品ご紹介と読者プレゼント掲載のお知らせ

国内外を問わず、ファッション周辺の最新情報を網羅し、おしゃれ感度の高いファッションが大好きな層に向けて発信する雑誌「装苑」にて、「ラバロック ミニ アロマディフューザー」とフレグランスオイル「SHIMMERING JINCHOGE(シマーリング ジンチョウゲ)」「FEELING MUKU(フィーリング ムク)」をご紹介いただきました。 また、読者プレゼント企画 では「ラバロック ミニ アロマディフューザー」とアロマディフューザー専用フレグランスオイル「SINGING SHINCHA(シィンギング シンチャ)」のセットをプレゼント。 7月25日までお申し込み受付となります。   ▽雑誌詳細 装苑 7月号(5/28発売) NEWS及び読者プレゼントページ https://soen.tokyo/magazine/soen240528/   ▽商品詳細 ラバロック ミニ アロマディフューザー SHIMMERING JINCHOGE(シマーリング ジンチョウゲ) FEELING MUKU(フィーリング ムク) SINGING SHINCHA(シィンギング シンチャ)

READ MORE →

期間限定 父の日スペシャルギフトラッピングのお知らせ

2024年の父の日は6月16日(日)。日頃の感謝の気持ちをこめて、香りのギフトを贈りませんか?2024年6月4日(火)10:00~2024年6月16日(日)23:59の期間中、通常 550円(税込)のギフトラッピングを無料で承ります。メッセージを自由に記入できるカードも付属し、香りに言葉を添えて気持ちを伝えることができます。 おすすめのギフト商品は【こちら】をご覧ください。 ◎ギフト&メッセージカード設定方法 ①カート内で「ギフト設定」ボタンを選択してください。 ②【注文メモ】にメッセージカードに記入する文章を入力ください。 複数商品の一部のみを包装するなどのご希望がある場合もご記入をお願いします。 メッセージはカード裏面に入ります。 ※入力がない場合はメッセージなしのカードになります。 【贈り先に直送する場合】「レジに進む」の後で表示される配送先情報に、お贈りする方の情報をご入力ください。※ご注文者様とお届け先の宛名が異なる場合は、納品書(明細等の金額のわかるもの)は同封いたしませんのでご安心ください。 【ギフトラッピングのご注意事項】※必ずお読みください   ※一つの注文につき、一つのギフトラッピングにて承ります。※商品のサイズや個数によって最適なサイズの袋をお選びいたします。※複数商品の一部のみを包装するなどのご希望がある場合は、カート内の【注文メモ】欄にご記入をお願いします。※商品の発送先が同一で、まとめて梱包できる箱・袋等がご用意できる場合に限り、複数商品をまとめて梱包いたします。※ご注文内容によっては確認メールやお電話をさせていただくことがございます。お返事が確認できない場合は、弊社判断で包装させていただきますので、ご了承ください。 ※お贈りする方への直接配送も承ります。「レジに進む」の後で表示される配送先情報に、お贈りする方の情報をご入力ください。※ご注文者様とお届け先の宛名が異なる場合は、納品書(明細等の金額のわかるもの)は同封いたしませんのでご安心ください。 おすすめのギフト商品は【こちら】をご覧ください。

READ MORE →

ルームフレグランスの定期便「香りのサブスクプラン」に プレミアムプランが新登場

2024年5月23日より公式オンラインストア限定で、ルームフレグランスの定期便「香りのサブスクプラン」の新プラン「PREMIUM PLAN(プレミアムプラン)」をスタートいたします。 従来のプランでは「迷わずに香りを選べる」ことを重視し、特に人気のある9種類に限定しておりましたが、お客様からの「新しい香りに出会いたい」という強いご要望にお応えし、全17種類の香りからお選びいただける「PREMIUM PLAN(プレミアムプラン)」を新たに追加し、従来の「LIGHT PLAN(ライトプラン)」と合わせて2つのプランから選べる設計へとリニューアルいたしました。   ■ベレアラボ「香りのサブスクプラン」概要プラン名:「LIGHT PLAN(ライトプラン)」商品:フレグランスオイル10mlx2本価格:定額4,980円(税込)お届け間隔:2ヵ月に1回香りラインアップ:9種類プラン名:「PREMIUM PLAN(プレミアムプラン)」商品:フレグランスオイル10mlx2本価格:定額6,600円(税込)お届け間隔:2ヵ月に1回香りラインアップ:全17種類 詳しくは【こちら】をご覧ください。 ■香りのサンプルセットでお試しいただけます 「気になる香りをまずは試したい」というお客さまのために、香りのついたムエット(試香紙)をご用意いたしました。本商品ご注文の前に、香りのサブスクプランの香りを実際にムエットでお試しいただけます。また、ムエットご購入後に、ベレアラボ全商品に使える商品代金分(500円分)の割引クーポンをメールにてお送りいたします。お買い求めは【こちら】

READ MORE →

About

BÉLAIR(ベレア)は「美しい空気」。

ベレアラボは、

⼼と体を満たす美しい⾹りを追求する
⽇本⽣まれのフレグランスブランドです。

MORE

ショッピングカート

利用可能なすべての在庫はカートにあります

あなたのカートは現在空です。